メニュー

卓上型コンパクト充填機SBK型

卓上型コンパクト充填機SBK型

SBK製品説明

機械仕様

型式 SBK
動力源 単相100v
本体サイズ 640×310
本体材質 SUS304・P5025他
接液部 SUS304他
使用温度 5℃から100℃
充填量 1cc〜330cc
10Φシリンダー1cc〜7cc
20Φシリンダー5cc〜30cc
30Φシリンダー10cc〜65cc
40Φシリンダー15cc〜120cc
50Φシリンダー30cc〜190cc
65Φシリンダー40cc〜330cc
処理能⼒ 充填物と充填量による

SBKの特徴

point01

かんたん分解組立

分解組立はそれぞれ1分以内でかんたん楽々。
接液部はしっかり洗えます。

point02

卓上コンパクト

テーブルの上に置くだけのコンパクトサイズ
キャスター付きの専⽤台を購⼊頂けばどこでも簡単移動できます。

point03

⾼精度のピストン⽅式

ステッピングモータとピストン方式の採用で充填精度は文句なし
ロータリー式のようにタンク残量と⽐例して充填量が変わることはありません。

point04

サックバック機能

充填後に少し吸い戻してあげることで液だれなどを防止します

point05

静穏

電動モーターによる静かな動作で研究室などにもピッタリ。

代表的な組み合わせ

【1】SBK−FUー1SLKG

【2】SBK−EUー1.5sLKG

クリームなどの粘度の少し⾼い時のタンクとノズルの仕様

【3】SBK−FUー細ホース

液体などの粘度の低いものをホースを使って充填する仕様

【4】SBK−OSPー1SLKG

粘度の低めの液体などをタンクからパイプで直接吸い上げて充填する仕様

【5】SBK−OSHPー1SLKG

粘度の低めの液体などをタンクからホース+パイプで直接吸い上げて充填する仕様

【6】SBK−OSPー細ホース

粘度の低めの液体などをタンクからパイプで直接吸い上げて充填する仕様充填側がホースノズル

【7】SBK−OSHPー細ホース

粘度の低めの液体などをタンクからホース+パイプで直接吸い上げて充填する仕様充填側ホースノズル

お問い合わせ

充填機のお悩みなど、アラハタフードマシンに相談してみませんか?
まずはお気軽にお問い合わせください。