メニュー

キャッパー・打栓機・スパウトキャッパー 容器のキャップをする機械

打栓機DSM型で締められる容器

打栓機とは

上から強い力でキャップを押し込んでフタを締める機械です。

調味料などのペットボトルとガラスビンのボトル

化粧品などのとんがりキャップやアイスのフタなども

打栓機の製品詳細へ

キャッパーFYS-STで締められる容器

キャッパーとは

強い力でキャップを廻してフタを締める機械です。

ジャム瓶などの広口ガラスビン
キャップはツイストタイプ

四角形や長方形のボトルも固定する治具を使って締められます

キャッパーの製品詳細へ

スパウトキャッパーSPT-YSで締められる容器

スパウトキャッパーとは

主にスパウト容器のキャップを押しながら廻してフタを締める機械です。飲料用のペットボトルにも使用できます※2

スパウト容器は各サイズ対応できます。

飲料水用のペットボトルも専用の金具を使用して締められます

スパウトキャッパーの製品詳細へ

打栓機

打栓機DSM‐S型/DX型

ピン用テーブル金具
調味料のペットボトルや瓶の蓋を
上から押して締める機械

ふたと容器をセットしスイッチを押すだけ(DXタイプのみフットスイッチを踏む)で⾃動的にヘッドが下りてきて蓋を締めます。
ペットボトルやビンなどサイズ・形状が違っても固定⾦具だけの交換で幅広い容器にご使⽤頂けます。 押す圧⼒の強いパワーアップ型もご⽤意しております。
フットスイッチが使⽤可能なDX型もありますが、作業者の⼿を挟むリスクが少ないS型が⼈気です。
(DX型:制御BOXのみ100V電源を使⽤します。)

機械仕様

エアーのみ使用して動作するスタンダ―ド型と電気式フットスイッチを使用するDX型の2種類です。
使用上の安全を考慮して90%以上の方はスタンダ―ド型が選ばれております。

オールエアー型 DSM-S型(電気は使用しません) / DXタイプは打栓BOXのみ100V使用

エアー圧 0.5Mpa 30ℓ/分 程度のエアーを消費(平均)使用条件により20ℓ~50ℓ程度
機械サイズ 本体:205×205×高さ520H
手押しスイッチBOX:240㎜×180㎜×180㎜H
機械の動作時間は0.7秒~1.5秒程度ですが、次の容器に交換する作業は作業者の個人差になります。すこし作業すればすぐ慣れます。
容器サイズ 1.8リットル ペットボトルまで打栓できます。ビンも高さ250mmまで可能です。

※調味料ボトル以外にも プラ錠剤ケースや 化粧品用とんがりキャップなどにも対応できます。

打栓機で締められる容器

調味料などのペットボトルとガラスビンのボトル

鮮度ボトルも打栓できます

アイスの蓋や化粧品の広口プラボトルなど

スパウト容器の打栓タイプも金具を交換で使用できます

ペットボトル用金具は首のサイズが同じサイズなら容器容量が違ってもそのままご使用いただけます。
アイスのフタの打栓は、アイス用打栓ヘッドに交換して対応可能です。
DSM-S型

1番人気。打栓機販売数の90%以上この標準型です。
電気を使用しないオールエアー型。押しボタンを押して動作させます。

DSM-DX型

フットスイッチを利用したい場合にはDX型になります。
両手で作業できる反面、手挟みのリスクもあります。

DSM-IS型

標準のS型にアイスフタ専用のヘッドを装着したのがこのIS型になります。
電気を使用しないオールエアー型です。

キャップと容器を送って頂ければ、打栓テストを無料にて対応させて頂きます。
ご希望のお客様には動画撮影しますので、映像でご確認できます。

キャッパー

キャッパー FYS-ST型

ジャム瓶などのツイストキャップ広口ビンの
キャップ締めに適した機械です。

電気を使用しないオールエアー型です。
広口ビンは、手で締めるには大変な作業ですが簡単動作でしっかり締めることができます。
外径Φ43~Φ85・高さは50mm~100mmの瓶まで標準機でオプション追加なしで使用できます。
その他のサイズはオプション部品で対応可能。
丸ビン・六角形ビン以外の四角形ビン・長方形のビン・楕円形のビンなどはオプション治具を使用して対応可能です。

機械仕様

オールエアー型(電気は使用しません)

エアー圧 0.5Mpa以上 70ℓ/分 程度のエアーを消費 (平均)50~80ℓ程度
機械サイズ 本体: 400×400×高さ755H(本体505H+シリンダー250H)
手押しスイッチBOX:75㎜×105㎜×70㎜H
機械の動作時間は1秒~1.5秒程度ですが、次の容器に交換する作業は作業者の個人差になります。すこし作業すればすぐ慣れます。
容器サイズ 標準本体:ビン外径寸法 φ43㎜~φ85㎜
高さ:50㎜~100㎜(別売りストッパーで100㎜~150㎜)

※丸ビン以外にも6角ビンや四角ビン、楕円型ビンなども樹脂のガイドを使うとキャップすることができます。

キャッパーで締められる容器

ジャム瓶などのツイストキャップ広口ビン

四角ビンなどは樹脂の専用治具を使用して対応できます。

ビンの側面が丸くなったビンや高さが150mm以上あるビンも対応可能です

FYS-ST型
高さの違うボトルごとに、高さ調整ストッパーをご用意頂くと、ボトル変更が素早く簡単に行えます

キャップと容器を送って頂ければ、打栓テストを無料にて対応させて頂きます。
ご希望のお客様には動画撮影しますので、映像でご確認できます。

スパウトキャッパー

SPT−YS型 / SPTプラス型

スパウト容器と呼ばれるキャップ付きのパウチ袋の
キャップを締める機械です。
飲料用のペットボトルも同タイプのキャップであれば使用可能

ヘッドが下がり、回転と同時に蓋を押すことでしっかり締まります。
フットスイッチ付なので、両手で容器の中の空気を押しながら作業できます。

機械仕様

AC100V120W

エアー圧 0.3Mpa 10ℓ/分 程度のエアーを消費(平均)
機械サイズ 本体:200×200(土台サイズ)×高さ690H
制御BOX:150㎜×150㎜×130㎜H+(レギュレーター横幅に+100㎜)
機械の動作時間は1秒~1.5秒程度ですが、次の容器に交換する作業は作業者の個人差になります。すこし作業すればすぐ慣れます。

※スパウト容器の首部分に固定する為の堅い個所があります。
  そのサイズによって固定金具を製作しますが、殆どは大小4種類の寸法にあてはまります。

※本体には、ゴムキャップ金具と首かけ金具が1セットついております。

スパウトキャッパーで締められる容器

一般的なスパウト容器は、標準でゴム・金具をご用意しております。

四角プラボトルなどは専用のボトル固定金具で対応できます。
SPT-YSで可

回転で締まるキャップで、下がガラス瓶などのボトルの場合はSPT-プラス型で対応しております。

SPT-YS型

一般的なスパウト容器ならこのSPT-YS型です。内径の違う容器は金具とゴムを交換して対応できます。

SPT-プラス型

首などで固定できない瓶ボトルなどに、下のエアーチャックで固定して蓋を締める SPT-プラス型があります。容器が柔らかいペットボトルなどは一部不可の容器もありますので詳しくはお問い合わせください

各サイズに合わせて交換ゴム・首掛け金具をご用意しております。

キャップと容器を送って頂ければ、打栓テストを無料にて対応させて頂きます。
ご希望のお客様には動画撮影しますので、映像でご確認できます。

  • TOP
  • キャッパー・打栓機・スパウトキャッパー

お問い合わせ

充填機のお悩みなど、アラハタフードマシンに相談してみませんか?
まずはお気軽にお問い合わせください。